治験看護師 男性

男性の治験看護師

治験看護師【男性】

治験看護師といえば女性のイメージが強いと思うのですが、現場には治験看護師として働いている男性も数多くいらっしゃいます。

 

「男性看護師だけど治験看護師として働けるだろうか?」

 

そう不安に思っている男性看護師の方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

 

ここでは、男性が治験看護師として働く有利な点と不利な点を挙げてみたいと思います。

 

男性の治験看護師の有利な点

男性の治験看護師の有利な点として挙げられるのが、産休がないということでしょう。

 

女性の治験看護師の場合、出産前後には産休を取るため、シフトに穴があいてしまいます。

 

もちろん当然の権利なのですが、治験看護師を何人も抱えている病院はほとんどありませんので、病院側にとってはデメリットとなってしまうことがあるのです。

 

一方、男性の治験看護師が産休をとることはないため、病院側としてはシフトを組みやすいと考えられます。

 

また、多くの病院で働く治験看護師は通常の看護師業務も行っているため、体力がある男性看護師は心強い戦力となるでしょう。

 

男性の治験看護師の不利な点

男性の治験看護師における不利な点としてあげられるのは、患者とのコミュニケーションです。

 

患者とのコミュニケーションには一般的に女性のほうが向いていると言われていますので、患者に治験の内容を説明したり、不安や疑問を取り除いてあげなければならない治験看護師にはやはり女性のほうがやはり女性のほうが向いていると言えるかもしれません

 

 

男性治験看護師でも転職できる看護師求人サイトはこちら