治験看護師 就職

治験看護師として就職するには

治験看護師【就職】

治験看護師として就職したいなら、まずは日本SMO協会が行っている公認CRC試験、もしくは協同組合臨床開発支援ネットワーク(SMOBA)が行っているCRC認定試験を受検すると良いでしょう。

 

CRC認定試験に合格できた看護師は治験看護師として認められ、就職への道が広がります。

 

なお、日本SMO教会の公認CRC試験については専門の教育研修を修了し、2年以上の実務経験が受検条件となっていますので、ご注意ください。

 

ここでは、治験看護師として就職する際に覚えておきたいことをまとめています。

 

看護師の資格取得後すぐに治験看護師にはなれない

看護師の国家資格に合格してすぐに治験看護師となることはまずできないと考えておいがほうが良いでしょう。

 

なぜなら、治験看護師として働くには、上記で説明したように、日本SMO協会か協同組合臨床開発支援ネットワークのCRC認定試験を受けなければならないためです。

 

これらの認定試験を受けるには、特別な研修を先に修了しなければなりません。

 

ただ、看護師の資格取得前にCRC試験に合格した方の場合、看護師の資格取得後すぐに治験看護師として就職することは可能です。

 

治験看護師求人が豊富な転職・就職サイトを利用する

治験看護師として就職したいなら、治験看護師求人を豊富に取り扱っている転職・就職サイトを利用すると良いでしょう。

 

当サイト「治験看護師の仕事から転職まで」で紹介している転職・就職サイトはどれも治験看護師求人を豊富に紹介してくれますので、大変おすすめです。

 

 

治験看護師として就職できる看護師求人サイトはこちら