治験看護師 退職

治験看護師の退職方法

治験看護師【退職】

治験看護師として転職する場合、それまで働いてる病院に退職手続きを行わなければなりません。

 

退職の手続きをうまくやらなければ、病院と治験看護師の関係性が悪化し、気まずいまま退職しなければならなくなってしまうこともあるため、しっかり手順を踏んて退職手続きをしていきましょう。

 

ここでは、退職の方法について順を追って説明していきますので、治験看護師としての転職をお考えの方はご確認ください。

 

退職1ヶ月以上前に意思を伝える

退職する意思が固まったら、退職する1ヶ月以上前に看護師長など直属の上司にその旨を伝えてください。

 

1ヶ月以内だと病院側もシフト調整などでバタバタしてしまいますので、希望の日程で退職できない可能性が発生してしまいます。

 

できれば、2ヶ月前には退職の意思を伝えておいたほうが良いでしょう。

 

退職の正式なスケジュールを決める

看護師長などと話し合い、退職までの正式なスケジュールを決めていきます。

 

治験看護師として働いている方の場合、同僚の治験看護師もしくは新たに転職してきた治験看護師に仕事の引き継ぎをしておきましょう。

 

なお、退職の日にちについては、ご自身の都合より病院の都合を優先させたほうが良いかもしれません。

 

退職願を提出する

治験看護師の仕事の引継ぎや身の回りの整理が終わったら、退職願を提出します。

 

退職願は正式な書き方がありますので、事前に作成しておくと良いでしょう。

 

なお、看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに相談すれば、退職願の書き方や円満な退職方法を教えてもらえます

 

 

円満退職・満足転職の看護師求人サイトはこちら